ウェルネス京塚治療院=名古屋市中川区・ジェネティクス・カイロプラクティック・ストレス
調整方法]
 ジェネティクスは、独特で新しい一体化されたカイロプラクティックシステムです。
ジェネティクス調節は、身体の生科学や生力学に影響を及ぼすストレスの緩和を助け健康増進を目的としています。

1.ストレスの強度測定
J.R.Dはエンド部分を回転させて長さを変えることができます。内部の容積を変えているわけです。
これによって、内部に入る特定周波数の強度を測定します。この強度をストレス指数といいます。

■J.R.Dの使い方
この機械は、特定の周波数で内部が振動します。
音叉と同じ共鳴の原理からなっています。
その周波数とは、ストレスを受けている人が出す周波数です。

J.R.Dをその人に向け、J.R.Dの反対にあるプレートをこすると、キュッキュと音がします。

2.圧力をかける点を探す
ジェネティクストリートメントベーシックに必要な圧力をかける点は、尾骨の先端付近、頚部、頭部です。
なぜ脳の調整に尾骨が関係あるのか、というと脳とそれに続く脊髄を包む硬膜の付着点が尾骨の先端付近にあるからです。
硬膜の施術は従来のカイロプラクティック、例えばSOT(仙骨後頭骨テクニック)などでも重要なポイントです。

3.プレッシャープローブ
最後のポイントはプレッシャープローブという器具を使います。30秒間じっと押して動かしてはいけません。ラストポイントを押して約7秒後にベータバーストが起こります。
この時点で特定周波数が消えます。J.R.Dの音が鳴らなくなっています。

4.リジジュアル
脳の調整が終わったからといって、これで施術は終わりではありません。
ベーシックが終わったあとは、呼吸が楽になり、体が柔らかくなっていますが、障害を残している場所もあるでしょう。
今はJ.R.Dの音が鳴っていませんが、障害の残っている場所を触るとまたキュッキュと音がします。
これをリジジュアル(残留神経障害)といいます。
リジジュアルは体の各関節、筋肉、腹部、目の周り、顔、たくさんあります。
リジジュアルがたくさんある人をいっぺんに調整しようとすれば、何時間もかかります。
こういう人は症状に直結する場所か、とくにひどく鳴っている場所からとっていくようにしています。

5.ダブルゼロ
ベーシック調整を続けると、ストレス指数が下がっていきます。
これによって脳を含む体の不均衡が安定してきます。
リジジュアルをていねいに取り除くことによって、各部の症状も減ってきます。
さあ、リジジュアルを全部取ることができました。J.R.Dの音がどこを触っても鳴りません。
この状態をダブルゼロといいます。治療する以前とは違ってずいぶん体が楽になっているでしょう。



当治療院のご案内
はじめての方へ
カウンセリング
プライバシーポリシー
お問い合わせ・予約

最適な健康
ストレスについて

ジェネティクスとは
調整方法
よくある質問

COPYRIGHT(C) Well-ness Kyouzuka clinic ALL RIGHTS RESERVED.